アコム、レイク、プロミスへの過払い金請求とは

過払い金請求の極意

債務者は貸金業者に対して、本来支払うべき金利以上の金利を支払いすぎていた分を返還請求することができます。この本来支払うべき金利以上の金利を「過払い金」と呼ばれています。

金利の払い過ぎが発生してしまった理由は、貸金業者が利息制限法の上限金利である15〜20%を守らず、金利を設定していたからです。
貸金業者が利息制限法を守らなかったのは、当時、出資法の上限金利である29.2%を超えなければ、刑事罰を課せられなかったからです。そのため、利息制限法には抵触するが、刑事罰は課せられないグレー金利が横行しました。
もちろん、グレー金利は違法ですので、債務者は過払い金請求が可能なのです。

 

自分で手続きする過払い金請求

過払い金の請求は自分でも可能です。

 

STEP1
まず、貸金業者に問い合わせ取引履歴を取り寄せます。
STEP2
次に、取引履歴を入手したら、利息制限法に基づく金利で引きなおし計算をします。
手動による計算は大変ですので、フリーソフトなどを利用しましょう。
STEP3
次に、引きなおし後、過払い金が発生したら、過払い金請求をします。
過払い金の金額と振込口座、振込期限などを書面に書いて、配達証明付き内容証明で貸金業者に郵送するのです。
STEP4
次に、貸金業者と交渉しなければなりません。
弁護士の代理人をたてずに、個人で過払い金の返還請求をした場合、相手にされないこともあります。
そうなりますと、裁判で争わなければなりませんので、時間もさることながら、裁判所への出廷もしなければなりませんので、個人で過払い金請求を対応するには敷居が高いです。
自信のない方は専門家に依頼しましょう。
※個人で過払い金請求を行った場合、とても不利な和解条件を言われる場合があります。
本来10戻るところが、2とか3になってしまうケースも多いようです。
過払い金を1円でも少なく支払いたい業者と何も解らない個人では交渉事も相手のペースになるのは目に見えています。

 

弁護士に依頼する

やはり過払い金請求は弁護士に依頼する方が結果的にメリットが多いようです。
弁護士は代理人になるので、依頼した日から相手側の業者とのすべての書類のやり取りや電話での連絡、裁判への出廷はすべて弁護士が行います。
つまり、業者とのやりとりは一切する必要がないので、依頼してからは弁護士からの状況確認などを待つのみとなります。

 

一度個人で過払い金請求をして、業者と和解してしまったら、もう覆らない

「個人でやってみた結果、過払い金の2割しか取り戻せなかった。弁護士に頼めばもっと取れると聞いたので依頼できないか?」と言っても後の祭りです。
一度手続きしてしまったものはもう覆りませんので、ご注意を。

 

アコム、レイク、プロミスそれぞれの対応

(2014年現在)

アコム…弁護士へ依頼すれば100%の回収が可能のようです。
レイク…弁護士へ依頼すれば100%の回収が可能のようです。
プロミス…弁護士へ依頼すれば50〜60%の回収が可能のようですが、時間をかければもう少しいけるのかもしれません。
※詳細は弁護士へ確認しましょう。

 

過払い金請求事例

あなたもこんな状況ではないでしょうか?次はあなたの番ですよ!!
時効直前!!アコム過払い金請求UP!!
レイクに過払い金請求の話しをしてみたところUP!!
プロミスへ過払い金請求をした結果UP!!

過払い金請求事例一覧