過払い金請求はブラックリストになるか

過払い金の定義ですが、それは貸金業者に対して支払いすぎた利息のことです。
この過払い金は返還請求をすることが可能です。

 

しかし、かつては過払い請求をすると、貸金業者によっては個人信用情報機関に登録されてしまうことがありました。
つまり、金融事故として片付けられ、ブラックリストに登録されてしまっていたのです。
そのため、過払いブラックリストに載ることを恐れて、過払い請求をしなかった人も多かったのです。

 

しかし、金融庁が、「過払い金請求は顧客の正当な権利であり、その履歴は信用情報に当たらない」としたため、それ以降は、債務者が過払い請求をしても、過払いブラックリストに原則的に載ることはなくなりました。
また、既に個人信用情報機関で登録管理されている過払いブラックリスト情報も削除されました。

 

しかし、例外的にブラックリストに登録されることもあります。
返済中の債務が残っている状況で、過払い請求をして、引き直し後、過払い金が発生していなかった場合、「債務整理」という金融事故情報が信用情報機関に約5年間登録されてしまいます。

 

また、返済中の債務が残っている状況で、過払い請求をして、引き直し後、過払い金が発生した場合でも、最終的に貸金業者と過払い返還の合意がとれるまでの間は、一時的に信用情報機関のブラックリストに「債務整理」という金融事故情報が登録されるケースもあるようです。
そして、過払い金請求が確定し、債務が無くなった後に、この「債務整理」情報が削除されます。業者によって、対応が違いますので、事前に確認する必要があります。