過払い金請求の注意

過払い金の注意点について説明します。
最も注意すべき点は、本来請求可能な過払金が減額されてしまうことです。

 

個人で過払い金請求をする場合、貸金業者との任意和解をすることになります。
貸金業者により和解案は異なりますが、任意和解はえてして債務者にとって極めて不利な条件が提示されることが多いのです。

 

一般的に経営状態のよい金融機関であれば、本来債務者が請求可能な過払金の半額程度を提示してくることが多いです。
そして、経営状態の悪い金融機関であれば、本来債務者が請求可能な過払金の1,2割程度しか提示してこないこともあります。
そのまま和解案を鵜呑みすれば、本来取り戻せる過払い金の半額とか1,2割しか取り戻せないのです。

 

本来債務者が請求可能な過払金の全額を返還請求したいのであれば、弁護士や司法書士などの専門家に依頼をすべきです。裁判外の対応で全額返還されるのであれば、専門家に依頼をした諸経費は安くすみますので、その諸経費を差し引いても、個人で返還請求をするより、高額のお金を手に入れることができることがあります。

 

また、訴訟提起をした場合でも、専門家に依頼をした方が、手に入れるお金が増えることもあります。

 

過払い金の注意点として、業者との任意和解をすべきか、専門家の代理を立てるべきか、判断をしなければなりません。
業者により支払い状況が異なりますし、各専門家の請求実績も異なります。
インターネットで専門家の各業者に対する実績が掲載されていますので、ご自分の金融機関に対する実績情報を確認し、十分に検討をしてから行動しましょう。