過払い金請求は時効がある

過払い金を返還請求して、借金を完済できたという話や、完済後、お金が戻ってきたという喜びの声をよく耳にするようになりました。
債務者にとって大変メリットがある過払い金請求ではありますが、実は過払い金請求にも落とし穴があります。

 

それは時効という壁です。
過去の借金に対して過払い金請求を考えている方は、時効について気をつけたいところです。
そこで、過払い金請求の時効について以下で説明します。

 

一般的に過払い金返還請求権と呼ばれている権利は、法律上「不当利得返還請求権」と表記されています。
そして、この不当利得返還請求権の消滅時効期間は10年と定められています。
それでは、過払い金請求の時効はいつから進行するのでしょうか。今まで2つの説があり、議論されました。債務者と債権者の取引終了時から消滅時効期間がスターとするという「取引終了時説」と、各返済の時点から各過払い返還請求権の消滅時効期間がスタートするという「個別進行説」が対立していました。

 

そして、平成21年に「取引終了時説」でついに決着しました。
つまり、債務が完済した日から10年は過払い金返還請求権が有効になったのです。
分割返済をしていても、各返済が完了した日から数えて10年ではなく、あくまで、債務者が借金を完済し、債権者との取引が終了した日から数えて10年は返還請求権が有効になったのです。

 

例えば、平成15年に債務が完済し、取引が終了したのであれば、平成25年までは過払い金請求ができます。
しかし、平成25年を過ぎれば、過払い金がいくらあっても、時効は成立していますので、取り戻すことはできません。